あいあい広場について

「あいあい広場」とは

仲間がふれあい、であい、そのなかで自分らしい生き生きした人生を
送っていくための、仕事の場、集いの場をめざして名付けました。

理念

1.生活の中で意欲を育て、自ら生きる力を育んでいきます。
2.働くよろこびを育て、支えあい、共感しあう仲間づくりを進めていきます。
3.障害を持つ人も、生き生きと生活できる地域づくりを進めていきます。
4.一人一人の要求を尊重し、民主的な運営を行います。

理事長メッセージ

ひとりひとりの力をよりあわせて、つくるよろこびを!
ひとりひとりの力を発揮して、できるよろこびを!
ひとりひとりのよろこびをよりあわせて、おおきなよろこびに!
ひとりひとりの力を『働く』に!
そんなあいあい広場にしたい!

あいあい広場のあゆみ

2000.1.27 作業所設立準備会発足
2001.4.10 沼隈すみれのおうち拠点に活動スタート
     養護学校卒業生1名と職員1名、週3日の開所
2002.2.1 福山市加茂町に拠点を移す
     古い家を借りることができ、仲間も5人に増える
     小規模作業所あいあい広場の活動スタート
2002.6.7 特定非営利活動法人として活動していくために『特定非営利活動法人 あいあい広場』設立申請
2002.9.9 『特定非営利活動法人 あいあい広場』設立認証
2008.4.1 利用者の人数が10人に増え、職員5人になり、地域活動支援センターへ移行
2010.4.1 障害者自立支援法のもとで指定障害福祉サービスへ移行するために
     小規模作業所リサイクルワーク福山と合併。
     福山市神辺町徳田に拠点を移し、生活介護10名、就労継続支援B型10名の多機能事業所として出発
2011.11.1 家族の就労を保証することなどを目的に日中一時支援をスタート
2012.2.1 家から離れて暮らす経験を積み重ねていくことを目的として、 短期入所事業スタート
2017.9.1 待ち望んでいたグループホーム事業スタート

PAGE TOP